本文へスキップ

MworksProjectAoyamaはバイク、車のガレージライフを楽しむ家を建てる会社です。

MAIL:aoyama@mworkspj.com

お問い合わせはこちら

家づくりの進め方


ガレージハウス建築計画の進め方。


ガレージハウスを建てるぞ!と決意しても、さて、どのように計画を進めましょうか?
ほとんどの方は、お住まいづくりが初めての経験ですし、「ガレージハウス」という、ちょっと特殊な家を建てるには、いろいろな疑問や不安が出てくると思います。
(株)MWorksProjectaAoyamaは土地探しから設計、建設、メンテナンスまで、すべて当社で請け負わせていただきますので、家づくりのすべてにおいて、ご相談いただけます。
まずは、愛車とご家族とのお住まい方をお聞かせください。
皆様のライフスタイルに合った最適なお住まいづくりをご提案させていただきます。


                         

  

                                                








● 土地探しから手伝ってほしい!


◆ 土地探しからスタートする場合の流れ。


① まずは、ご相談。お住まいになりたい地域、駅からどのくらい離れてもいいのか?ご予算をお聞かせください。
  次に、愛車の種類、台数、ご家族構成、お住まい方のスタイルをお聞かせいただきます。
  設計施工を行う当社では、土地探しの段階から、PLANづくりは始まっています。

                    

② 土地検索は当社はもちろんですが、気になる土地があった場合にもお知らせください。
  ご近所で見かけた土地、インターネットで見つけた土地があった場合は、リンクを張り付けて、MAILを送付くださ
  い。
  「ここは法規的に建てられるのかな?」、「電気ガス水道は?」等、考える前に「あ、この土地よさそうだ!」
  と思ったらどんどんお知らせください。

                    

③ 気になる敷地がありましたら、法規や、ライフラインの確保状況等をお調べして、①でお聞きした施主様のライフスタ
  イルを実現できそうであることがわかったら、実際に現地を確認してきます。
  日当たり、施主様の愛車を入れることができる道路付かどうか?も実際に現地でチェックします。

                    

④ 敷地がお話しいただいた施主様のご要望に適合する場合でしたら、実際に現地を見ていただき、OKであれば、土地の売
  主さんに「買付証明」を出していただきます。これは、土地の契約書面ではないのですが、「この土地を買いたいと思
  っているから、他の人には売らないでね。」という証明書みたいなものになります。
  近年は、注文住宅を建てる土地は限られていますから、この書面を出して土地をきっちり押さえておかないと、せっか
  く良い土地が見つかっても、なかなか手に入れることができません。

                    

⑤ 買付証明を出して、土地を押さえたら、敷地にPLANを載せてみます。
  条件が良くても、実際にその敷地に自分の愛車が納められ、家族と暮らせるガレージハウスになるのか?
  それがわからないと不安です。 最終的なPLANは何度もお打合せのうえ、決定しますが、敷地条件を反映したPLAN
  を作ります。
  その後、土地の本契約、ローンの手続きにかかります。
  総予算は土地だけではなく、建物の建設費用も含め、審査を行います。
  
  ここまでの工程には、費用はいただきません。

                     

⑥ 土地決定!です。
  ここで「設計契約」を交わしていただき、本格的なPLANづくり、確認申請業務を開始します。

  
  お打合せの基本的な進め方はこちらへ

  ガレージハウス建設のための、詳しい土地探しについては、こちらへ。



● 土地は決まっている・建て替え。どんな風に進めたらいい?


◆ 土地は決定している。もしくは建て替えの方。

① まずは、お持ちになっているイメージをお聞かせ下さい。
  最初に施主様とヒアリングをさせていただきますが、○○を取り付けたい!キッチンはこのメーカーで!と調べたう
  えでお話しをしていただく必要はありません。
  バイク2台とカヌーを納められて、ゴールデンレトリバーと過ごせる家を建てて!なんてご相談でOKです。
  どんどんご要望をお話し下さい。

  ご要望に近いイメージ図や模型、当社施工事例をもとにイメージを具体的な形にしていきます。

                      

② イメージをお聞きするのと同時に、ご予算のヒアリングも実施します。
  計画に使える予算が無限にある方はいらっしゃいません。ご予算に合わせた住設材のご提案をするとともに、施主様に
  とって「大切なこだわりの部分」を切り捨てることのないよう、ご提案を進めていきます。

  
                      

③ ご予算とご要望を盛り込んだPLANを作成します。(ここまでは無料です)
  こちらをご覧いただき、お気に召しましたら、設計契約を交わしていただきます。

※ お出しするPLANはあくまでも、当社とお話を進めていただけるかどうかの「お見合い写真」的な意味合いのものです。
  この段階で作成したPLANを流用するのはご遠慮ください。
  PLANの無断使用が発覚した場合には、著作権法違反に問われる場合がありますので、ご注意ください。

 
                      

④ 具体的な設計作業、明確な見積もり作業にかかります。
  当社は、設計施工を行う会社ですので、設計打ち合わせと予算づくりは同時進行です。
  
 

  お打合せの基本的な進め方はこちらへ




● 設計だけを依頼したい。


◆ 昔からのなじみの工務店がいるので、そこに依頼したいのだけれど、設計ができない。
  ガレージハウスを建てたことのない会社なので不安・・・。等で設計だけを当社に。という場合も、ご相談ください。


① まずは、施主様とヒアリングをさせていただきますが、○○を取り付けたい!キッチンはこのメーカーで!と調べたう
  えでお話しをしていただく必要はありません。
  バイク2台とカヌーを納められて、ゴールデンレトリバーと過ごせる家を建てて!なんてご相談でOKです。
  どんどんご要望をお話し下さい。

                      

② ご要望事項を反映したPLANを作成します。
  こちらをごらんいただき、「GO」できるようでしたら、設計監理契約を交わしていただきます。
  当社で設計施工の場合は、敷地の形状、法規、建物仕様によって設計契約の費用は推移しますが、設計監理のみの場合
  は、施工金額の10%程度が目安になります。

    
                      

③ PLANに基づいて、設計を詰めていきます。
  仕様が概ね固まった時点で、ご依頼予定の工務店さんと、コストの打ち合わせを行い、お見積もりを作成いただきます。
  当社では、設計とお見積りは同時進行が基本ですので、施工費用はほぼ確定していますが、業者さんによって、施工単価
  は異なりますので、ご依頼いただく工務店さんにもお見積もりを作成いただき、金額調整を行っていただきますます。

                      

④ お見積り金額が確定した時点で、確認申請業務にかかります。
  予算確定前に、確認申請書面を作成してしまうと、変更があった場合、よけいなコストと時間を費やしてしまうことにな
  りますので、確認申請業務はお見積り確定後に開始します。

  
                       

⑤ 確認申請が下りるまでの時間で、工務店さんとお見積りの詰めを行っていただき、施工契約を交わしていただきます。
  施工契約、工事日程確定、確認申請がおりる・・・。が同時ですと理想的です。

                       

⑥ 着工です。工事は工務店さんの作成した工程表で進んでいきますが、建築基準法の法定検査、工務店さんが加入を義務
  付けられている瑕疵担保保険の検査にも、当社が立ち会わせていただきます。
  また、監理業務として、

  1.基礎の配筋検査
  2.コンクリート打設時の検査
  3.上棟後の構造検査
  4.屋根、外壁検査
  5.完工検査

  を行わせていただきます。

                       


⑦ お引渡し業務、必要機器のお渡し、ご説明等は工務店さんに行っていただきます。
  当社は、完了検査を実施させていただき、問題なければお引渡しを受けていただきます。
    

  お打合せの基本的な進め方はこちらへ


● ビルトインガレージのあるガレージハウスの設計って普通の会社じゃ無理なのかな?


◆ 「ガレージ」を備えたビルトインガレージハウスを作る場合、柱のない大きな空間をつくったり、シャッターのための
  構造を検討したり、水や電気の供給のノウハウがないとなかなか設計できません。
  また、「ガレージ」をつくるわけではなく、ご家族とご一緒に住む「ガレージハウス」をつくるわけですから、ガレー
  ジだけを優先してもいけません。

  他社さんにご相談した後、当社にご相談にいらっしゃる方の主な事例として、

  ・「ガレージ」の設計専門会社に相談したら住居部分についての提案が上手でなく、なかなかまとまらない。
  ・趣味としてバイクや車に携わっていない設計者に依頼したので、なかなか要望を形にしてもらえない。
  ・現在の敷地に、自分の愛車を収納することのできるガレージハウスを建てるのは無理と言われた。
  ・東京都内に木造でガレージハウスを建てるのは不可能と言われた。
  ・クルマはあくまで趣味の道具として、ビルトインして大事にしたいのに、「車は外でしょ?」という概念が強く、
   クルマがビルトインできる機能を設計に反映してもらえない。
  ・PLANは素晴らしいのだけれど、設計士さんが、何社見積もりをとっても予算にあわない。


  以上のような事例があります。 

  ただ、「縁」があって、お打合せを開始した設計者の方とは、きちんと完工までお付き合いをすべきだとは思いますが
  、ビルトインガレージを備えたガレージハウスは、特別なノウハウがないと完成させることは難しく、経験のない設計
  者、施工者の方ですと、難しい面もあります。


  そんなお悩みがあって、当社にいらっしゃる場合は。

  

① ご要望や愛車の台数、ご家族構成をお聞かせください。他社さんのPLANやお見積もりをお見せいただく必要はありませ
  ん。

                      

② ご予算にあわせて、PLANを作成します。
  2度目のお打合せ時に、当社のPLAN、計画の総予算(建物だけではなく、設計や確認申請等)
  を含めた、当社のご提案をご提示します。(ここまでは無料です。)

  
                      

③ 提示させていただいたPLAN、ご予算で、当社にご依頼いただけるようであれば、お打合せ中の設計士さん、工務店さ
  んにきちんとお断りを入れてください。
   
                      

④ ご依頼いただいていた会社にきちんとお断りをいれていただいたうえで、当社と設計契約を交わしていただきます。
  現役のライダーであり、設計、施工ともに行っている私が今後のお住まいづくりのお手伝いをさせていただきます。
 

 お打合せの基本的な進め方はこちらへ

 ガレージハウス建設のポイントはこちらへ



copyright©2013(株)MworksProjectAoyama  all rights reserved.