本文へスキップ

MworksProjectAoyamaはバイク、車のガレージライフを楽しむ家を建てる会社です。

MAIL:aoyama@mworkspj.com

お問い合わせはこちら

土地探しからのガレージハウス

ガレージハウスに適した土地探し

温泉イメージ


当社でガレージハウスを建てる施主様の9割は、土地探しからスタートされる方です。
しかし、「ガレージハウスを建てる土地を探してほしい」。と不動産屋さんに相談しても、ガレージハウスがどんな家かを把握している業者さんはなかなかいらっしゃいませんので、「ガレージハウス向き」の土地探しはなかなか困難です。



土地探しの段階から

館内施設イメージ


土地探しから開始する方にお願いしているのは、「こんな土地があるから、こんな風に建ててほしい」とご依頼いただくより、「ハーレー1台、アシ用のスクーターが1台。スナップオンの工具ケース×2が置けるガレージを」、「チンクェチェントをビルトインに。家族用のアシのオデッセイは外に」「インジェクションのWRをビルトインして、セッティングをノートパソコンでやりたいから、ガレージ内にLAN設定できるコネクタを。トランポのハイエースは外でいい」・・・。なんてことを土地探しの段階からお聞かせください。
実際に設計、施工をする私がご要望に応じた土地を見極めます。
もしくは、PLANしだいで快適なガレージハウスになる土地をご紹介します。

ちなみに、私の場合は「トランポのキャラバン×1台を外置きに、KDXのレーサーと、BMWR80GSをいじれるスペースを確保しつつ、家族4人が快適に過ごせる都内の敷地・・・。」でした。

どのくらいの敷地面積からガレージハウスは建つ?

館内施設イメージ

バイクを収納するのか?車を収納するのか?ビルトインのみか?大整備を行うスペースが必要か・・・。で敷地の必要面積は変わってきますが、「バイク2台をビルトイン収納、車1台、ご家族4人で生活」。または、「ライトウェイトスポーツカー1台をビルトイン、アシ用の乗用車1台を外部に、ご家族4人で生活」。という場合は、当社の施工事例では、20坪前後の敷地で、延床面積27坪前後がおおむねスタートラインです。

ただ、東京都内の場合は、土地の価格が高いですから、なかなか広い土地を求めることは難しいです。ですので、PLANを詰めることによって、もっとコンパクトな敷地でも建築することが可能です。
当社の一番コンパクトな事例として、250CCのバイク×2台+軽乗用車を収納できる、12.4坪の敷地で、7.5坪の建築面積の3階建て住宅。といういわゆる狭小ガレージハウスの事例もあります。

また、「ガレージハウスに向く敷地」を見つけるのも大事ですが、「この町でガレージ付きの家に住みたいから、敷地の条件は厳しいけど、建てて!」というご相談もお受けします。
東京都内ですと、さらに「狭小ガレージハウス」になってしまう事例もありますが、狭小住宅も、設計施工とも当社は得意ですので、ご相談ください。

詳しくは、当HP施工事例集に敷地面積、延床面積、車両の収納台数を記載してみましたので、参考にしてみてください。
施工事例集は、こちら。


まずは、PLANを載せてみます。

vwgazou
敷地が見つかっても、そこに自分の希望する家が建つのか・・・。
ほとんどの方が不安に思われます。
特に、土地を見つけてくれた不動産屋さんは設計の専門家ではないし、そもそも、自分の建てたいガレージハウスのイメージをわかって探してくれたのか・・・? 周辺の法規は?土地の契約をしたのはいいが、自分の住みたい家が建たなかったらどうしよう・・・。
当社では土地が決定してから、土地契約(決済)いただくまでの間に、ご要望に合わせたPLANを作成、実際に土地に載せてみます。
最終的なPLANは土地契約後、じっくり時間をかけて詰めさせていただきますが、伺ったご要望をもとに、「機能を満たす」PLANを作成、土地に「載せて」みます。そのPLANをごらんになってから、土地契約をなさってください。

土地決定から、決済(土地契約)までの流れはこちら。